上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤い靴

赤い靴って
凄い歌だよなと今日ひろと話になり
検索したら…。

赤い靴の女の子


名は、岩崎きみちゃん

明治35年7月15日、静岡県旧不二見村(現静岡市清水宮加三)で生まれました。きみちゃんは赤ちゃんの時、いろいろな事情で母「岩崎かよ」に連れられて北海道に渡ります。母かよは再婚相手、夫の鈴木志郎と開拓農場(現北海道、留寿都村)に入植し、当時の開拓地の想像を絶する厳しさから、やむなく3歳のきみちゃんを子供に恵まれないアメリカ人宣教師チャールス・ヒュエット夫妻の養女に出すことを決意します。かよと鈴木志郎は開拓農場で懸命に働きますが、静岡から呼んだかよの弟「辰蔵」を苛酷な労働の中で亡くし、また開拓小屋の火事など努力の甲斐なく失意のうちに札幌に引き上げます。その後、札幌の新聞社へ入社した鈴木志郎は、同じ頃この新聞社に勤めていた野口雨情(作詞家)と出逢います。雨情は生まれてすぐに亡くなった我が子のことを嘆き、その後、童謡「しゃぼん玉」の歌詞に想いを残した作詞家として世に名を残しています。同じ家族構成ということもあり、両家族が急速に親しくなったある日、かよは片時も忘れたことのないきみちゃんへの思いを雨情に打ち明けました。我が子を手放してしまった後悔、そして新しい両親のもとで幸せになってほしいという願いが交錯した母の心情に雨情は強く心を打たれたようです。そして母が子に寄せる愛情に感動した思いをそのまま詩に綴ったのが「赤い靴」です。かよは、死ぬまできみちゃんはヒュエット夫妻とアメリカに渡り、元気に暮らしていると信じていました。

が、しかし赤い靴の女の子は異人さんに
連れられて行かなかった!?赤い靴を履いた女の子



ヒュエット夫妻が任務を終え帰国しようとした時には、きみちゃんは不幸にも当時不治の病といわれた結核に冒されていました。身体の衰弱がひどく長い船旅が出来ないことから、メソジスト系の鳥居坂教会の孤児院に預けられることに。その後、鎖された薄暗い部屋の中できみちゃんは病魔と闘い続けました。高熱にうなされ、きっと母の名を呼んだこともあったでしょう。温かい母の胸にすがりたかったことでしょう。それもできぬまま一人寂しく9歳の生涯を閉じたのは明治 44年9月15日の夜でした。かよがきみちゃんの悲運を知ることなく、この世を去ったということはこの悲しい話のせめてもの救いであったと私には思えました。また、雨情が作詞の際にきみちゃんの消息を知っていたなら、名曲「赤い靴」が生まれることはなかったでしょう。

と ネットサーフィンしてたら見つけました。
これが事実なら
きみちゃんは とっても悲しい生涯だなぁ…。
なんだか なんだか なんだかね…。

ふと話になったんだけど
とっても とっても 胸が痛い…。
スポンサーサイト
そうだったんですね・・・ from 風~♪ | URL | 2009/10/08 Thu 21:51 [EDIT]
知りませんでしたぁ~・・悲しい歌なのだろうとは思っていたのですが、もっともっと悲しい事実が、あったのかも知れないのですねぇ~・・なんだか「赤い靴」は口ずさむ事も躊躇してしまいそうです・・・
風~♪ちゃん from ちひな | URL | 2009/10/09 Fri 05:11 [EDIT]
そうでしょ!!!
あたしも これ調べて驚いたよ。。。
ほんとさぁ~医学が進歩したし
物溢れる世の中に生まれたあたしたちは
幸せだよな…。

ADD COMMNET

title:

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRAKBACK URL

RECEVED TRAKBACKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。