FC2ブログ
20060723211238
お昼贅沢したけん

夜は リン〇ーハットだじょ

ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆

☆朝☆
スポンサーサイト

06-07-23_12-10.jpg 06-07-23_12-11.jpg



ボンゴ

とうもろこし

マンゴー


だはははははは~♪

キッズ用なので持ち運び どこでも 出来るわよん(*´艸`)・・・プッ

おかんが贈ってくれた蓬餅



らじろぐupしたよ♪
http://chihina.radilog.net/

今日は朗読もどきしてみました(*´艸`)・・・プッ



*********お婆ちゃんの蓬餅*********

お婆ちゃんは

とっても優しい お婆ちゃんでした。


おかんは 婆ちゃんの手作りの おやつを

私に受け継いでくれて

お婆ちゃんが お彼岸によく作ってくれた

蓬餅を たまに 思い出させるように

送ってくれます。


今日も 冷凍していたのを

焼いて 頂きました。


今は 環境的に薬を撒いたりするので

なかなか 蓬を採ることが出来る場所が なくなったので

お店の手作りの物になっちゃったけどね。


お婆ちゃんは 14人の孫が いました

だから いつも 名前を呼び間違えてた。


孫の私たちが 幼い頃は

ちゃんと 覚えてたのに

どんどん 忘れてしまってて

私たちが 大人になると

目があって 呼んでたら 私のことだと

それぞれに 

いつのまにか 返事出来るようになってた。



夏にも 着物を着て 過ごすし

一年中 着物を着てることが 多かった

にこっと 笑う あの笑顔が

なんとも 可愛いお婆ちゃんだった。


世間一般に 言えば 

贅沢三昧何不自由なく

生活の出来るお婆ちゃんなのに

「私ひとりで暮らす」

と もう70歳近かったのに

小さなアパートでひとり暮らしを始めると

言い出した時は 驚いたなぁ~。



苦労も 笑ってる お婆ちゃんだった

孫1人を母代わりに育てあげた お婆ちゃんだったしね。


スーパーの袋に 

ごそごそと みかんを入れてくれたり

手作りの料理や おやつを 必ず

お土産で 持たせてくれた。


そんな つつましさを忘れずに

生きてる お婆ちゃんが 私は大好きだった。


よく お婆ちゃんが 亡くなってすぐは

ただ にこっとして

夢の中に 出てきてくれたんだけどなぁ~。


お婆ちゃんも 安心したのかなぁ~。


最近見なくなったね・・・。


でも いつも なぜか 心の中に

お婆ちゃんの存在がある。


私が くじけそうに なったり

辛くなったりしても

いつも 

「お婆ちゃんが見てる!」

そう思うと なぜか 微笑むことが出来る。


蓬餅を おかんが 送ることが多いのは

そんなお婆ちゃんを思ってのことなのか

それとも ただ 好きだけなのか

わからないけど


私は 蓬餅を食べると

お婆ちゃんとの お彼岸を想い出すのです。

お婆ちゃんの命日は 8月17日

お盆なのに お彼岸の想い出を想い出すのよね。

20060723125105


いひひ♪

ゴ-スト街には


06-07-23_12-52.jpg


鰻屋さんも あるべ(*^-^)ニコ

今 焼いてもらってるべ♪

うまそうだぁ~♪


06-07-23_12-47.jpg


店に乱入中!

大将太っ腹で

写真撮らせてくれて

焼場まで乱入した(爆)

創業20年 ゴースト街にきて6年目のお店らしい♪


06-07-23_12-59.jpg

06-07-23_1.jpg 05_12_10_2.jpg




はい!今日も雨です!

「しらんで~(¬д¬。) ジーーーッ 」

グリグリ(`ヘ日\(▼▼メ) 印籠とでも言いましょうか(爆)
最終警告されちまった ひろ

今 クーラーの掃除と
お風呂場&トイレの換気扇の掃除 終了!

あとは キッチンの換気扇の掃除だす!

ふぁいとぉー!!┗(  ̄◇ ̄)乂( ̄皿 ̄ )bいっぷぁーつ!!

しんちゃんじゃないんだから
頑張るしか 無いのだ


σ( ̄◇ ̄) ワタシ  
゜゚・*:.。..。.:*・゜(*´∀`)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*ポワワワァァン
と 
心を 鬼にして 手伝ってないわよ
⊂((〃 ̄ー ̄〃))⊃ ふふふ

お尻に根を生やす たまには これ必要
心の中では

(嗚呼 だからぁ~こうやればぁ~ もっと要領よくいくのに って思ってるけどね)

要領は 自分で掴んで頂きましょう♪
ともかく あと 換気扇の掃除
ぐゎんばって"o(・`ω´・)いきまっしょい!


鬼嫁演じるのも大変だわ(^□^;)