FC2ブログ

(-


はい 今日は やっとこ1つ問題が解消しました!
PCで カラオケをしてるσ( ̄◇ ̄) ワタシ
どうもですね~
以前の経由してたブロバイダー
(ようは うちの某社の光回線→経由のブロバイダー→カラオケ発信)
こういった 経路で 使用するシステムに
なってるわけ

相性の問題があるんで 以前の経由を諦めて
違う経由に変えようと ここまでは良かった

なのに その変えた経由のブロバイダーに
ログインできないで cgiを保存しますか?
との エラーになる!
先週初めての登録の日に
これは おかしいと サポートに電話をしたら
その出たサポートの若い兄ちゃん(爆)

「調べてみます」

とのこと
そういうからには専門だとこっちだって思う!
そしたら 半日 あ~だ こ~だと
何度も電話
先週は 凄く仕事も忙しくて
やっと ゆっくりカラオケを楽しもうと思ってたのに
半日ぶっ潰された挙句の果て

「こちらでは どうしてもやっぱりわかりませんので
専門のサポート紹介しますね」

「(゚Д゚) ハア?? あのあなたは専門じゃなかったわけ?」

「はい わかるかと思い あの その・・・。」

「(゚Д゚) ハア?? わからんことなのに半日頑張られても
こっちは 困るわけよ! あなたの自己満足で終わるでしょ? 早いサポートを望むわけ! 消費者というのは!
上の人出して頂戴! あなたじゃ 話にならないから!」

私は 絶句!はい!

そして 上の人を出すには びびったのか

「申し訳ありませんでした」

そう繰り返すわけよ(爆)

いい加減 その謝罪にも飽きて(爆笑)

サポートやらに メールするはめになり

そしたら

「今回の原因につきまして調査をして・・・。」

と 長い文章で きました!

はい これは お決まりのマニュアルってやつですね!

(あのね…。この後の対応が楽しみよ)

むしろ 楽しんでます(爆笑)

そしたら

「知陽菜さん以外にも こういったケースがあり
早急に調べているんですが 原因は わかりません
今回のお詫びに わが社のシステムを無料で
使用権を 渡すということで・・・。」

このメールが 来た時は 呆れましたな(爆笑)

どこのあんぽんたんが
一度 エラーで 無駄な時間に
無駄な 対応がしたものを
他のサービス いくら 無料って言われても
使う気になるねんなぁ~!

はい そんなもんに承諾 冗談じゃない!

そのやりとりで 勘弁してくれと何通ものやりとり
まぁ~3日間は 私暇だったわけ(笑)

とことん 納得いく 処置をして頂く為

一切承諾せず

「カード引き落としなので どうしても
もう 使用料は 落とす形になってしまうのです」

とメール

そんなことは 百も承知じゃ!ばかたれめ!

「一度も使用も出来ないものに 使用料請求ですか?
その上 貴社のサービスを使えと 
マニアル通りの答えに 言葉の謝罪は もう沢山です
担当○○さんが もし お客様なら それで納得できますか?
冗談じゃ ありません!
こちらから その使用料に即した請求をさせて頂きます!」


さぁ~最後のつめですよ!
これで ぼったくり姿勢を見せたら
メールでは 拉致あかんから
電話番号おせろ! と 言ってやろうと思ってたわけ

そしたら 本日メール
キタワァ━━━━━━(n‘∀‘)η━━━━━━ !!!!!

「使用料を振り込ませて頂きます
どうも 申し訳ありませんでした」

(*≧m≦*)ププッ o(^∇^o)(o^∇^)o ヤッタ!

あのね 別に金額の1ヶ月分くらいは
払ってやるさ!
だけどね 泣き寝入りして
「それで我慢します」
そういう姿勢を持つのが 私は嫌なわけよ!
とことんやったお陰で 自分も満足するし

てか 当たり前じゃん!

どうも殿様商売になってる商売に
泣き寝入りしない姿勢ってのは大事!

そういえば 去年は 
某大手お菓子屋さんに
討ち入りし(笑)
PC修理の時にも
討ち入り(笑)

今年に入ってから
大家さんに
討ち入り(笑)

そして 今回

あの…。毎年何かと 不備なこと起きるたびに
戦ってるσ( ̄◇ ̄) ワタシ (((爆爆)))

負けないわ!
だって ひろが稼いだお金を なえがしろにされて
たまるもんかい ヽ(*`□´*)/ガヽ(*`○´*)/オー!!

σ( ̄◇ ̄) ワタシも小遣い程度しか働けないけど
楽しみを奪われることなんて たまったもんじゃない
( ̄ε=‥=з ̄) フンガー

消費者も泣き寝入りしない姿勢!
これが マニュアルのみでしか 仕事できない
今の一部の若者の刺激には なるかもしれない!
いいの草の根運動であっても
σ( ̄◇ ̄) ワタシは いい社会になって欲しい

うるさい おばちゃんって 思われることなんて
恐れやしないわ (* ̄Oノ ̄*) オ~ホッホッホ♪

だって うるさい おばちゃん演じてるだけで
本来楽しんでる(謎)
ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆

スポンサーサイト



知陽菜


13年教育現場で働いた過去について
少々 忘れられない想い出がある。

その頃 私は 
「ひとり」
になる為に 誰にも話さず 無我夢中で働いていた。

深い理由は わかる人にはわかる(爆)

そして ほぼ4時間睡眠の毎日に
子ども(教え子)の前では
「さぁ~今日も 気持ちいい朝だね~♪
楽しく遊ぼうね」

なんて 笑顔を振りまいていた私…。

お母さんたちは 色んなストレスを抱え
送ってくる。

「お母さん おはよう!
今日も朝がきたね(*^-^)ニコ」

これを言うだけで ほっとする お母さんがいた(*´艸`)・・・プッ

よく園長先生は
「どんなに自分がしんどくても
それを言い続ける 知陽菜ちゃんに私はどれだけ
救われてるか(*^^*)
ほんとね 働かない中古品をどないかして
あなたを臨時職員じゃなくて正職員に出来たら
どんなに私が楽かしら(* ̄Oノ ̄*) オ~ホッホッホ♪」


「先生そんな大きな小声で話すと聞こえますよ(苦笑)」

まぁ~ぶっちゃけ 働かない 仕事をなんと思ってる
みたいな 一部の教員に 腹が立ってたんだろうね?

まぁ~ でもね この園長先生 気は強いし
言葉きついけど 私は 凄く可愛がってもらえたわけ

色んな話をした。

「金八先生時代の子(つまり私たちの時代)は
親への感謝が出来てない人は 子育てが
うまくいかないと最近思うのよね。
悩んでることが そうじゃないだろう?
そう思うわけよ。」

子どもの無い私は 黙ってきいていた。
園長先生が何を言いたいのかと…。

話は続き

「知陽菜ちゃんは 
子どもには授かっては いないけど
早く親から自立してるから
今わからなくても あなたは十分しすぎるほど
親に感謝してるわよ(*^-^)ニコ」

「Σ(- -ノ)ノ エェ!? そうですか?
私親にぼろくそ言ってますが(^□^;)」

「そうじゃないのよ(*'ー'*)ふふっ♪」

いつもそう 全ての答えを教えてくれない。

そして 振り返る。

この当時 私が母にしたこと

もしかしたら 二度と会えない環境になるかもしれない
そんなことをふと感じていたので

まず おかんにいつも出来る趣味を持たせてあげなきゃ

“テニス”
おかんは 細くてごぼうみたいな足だけど(爆)
体育会系なんで 一緒にやり始めた
そして 6ヶ月くらい一緒にスクールに通ったのだが
首の腫瘍の後遺症で 筋肉痛の改善が出来ず しょうがなく
断念する。

気分転換に
“スキー”
に いかないか?
って 誘ってみた。
滑らなくても おかんにとっては 級持ちなんで
見てるだけでも楽しいだろうと思い。
一応 2セット持って
おかんのことだから 
「ぶっ倒れてもいい やってみたい」
そう言い出すような気がして

はい 的中 (爆笑)
私は おちおちと スキー楽しむ余裕なく
おかんの後ろをひたすら 追いかける(^□^;)

おかんは 脳天気に(爆笑)
スイスイすべるΣ(; ̄□ ̄A アセアセ

まぁ~これで 体力はゼロでは無いと
思えたらしく 今は いい想い出となってるんだけど
冷汗かいたよ (T▽T)アハハ!

そして 
おかんが 誰かのすすめで
“カラオケ教室”
に 行きだした!

(ノ*∂0∂)ノ オオオオオオォォォォォ~♪
これは 首の運動にもなるらしく いいやん!
そうこう 喜んでたんだけど
どうも これだけじゃ 物足りない様子(笑)

じゃあ 家で出来て
何か宿題が出来ること ないかな?
(-ω-;)ウーン

その当時絵画教室に 私は 子どもの絵画の勉強と
自分の趣味にしたくて 通ってた

(( ̄0 ̄;アッ そうだ おかん子ども好きだから
ここに これたら 楽しめるかも?)

そう思って すすめてみた!

「私落書きですら やったことないのに…。」

私に残されてる時間は ほぼ無くなってきたんで
ほぼ強制的に ||Φ|(ll|ll|´|▽|`ll|ll;|)|Φ|| 監禁
なみに 車に 押し込み(爆)

連れて行った!

その絵画教室には
美術大目指す子もいれば
画用紙に 落書きする子(ごく一般な子)
登校拒否の子
色んな子がいる。

「***ヾ(≧∇≦)ノ"***きゃあぁあっ♪可愛い!」

はい 作戦大成功!

絵画教室の先生が

「お母さんこんなとこで良ければ
毎週 見学でも いらっしゃいませんか?(*'ー'*)ふふっ♪」

私の絵画教室の先生は
ヨーロッパをはじめ 各国に行きまくり
70歳を超えた 年齢不詳(笑)
だって 誕生日のたびに
「もう70歳だわ 歳は減らないわね(u u*)うふ。。」

と お洒落な先生だったのよ♪

そこから おかんが見学のつもりが
段々のめり込み 今に いたる。

私が第二の人生を掴めた時に
短大時代の親友のお父様が
急に倒れ
急に挙式し
初孫を見たと同時くらいに 亡くなった。
彼女は ただの疲労だと思ってたらしくて
本当は 癌であったことを
亡くなってから 初めて お母様に聞かされたという。

「後悔を一生引きずって生きてるのよ 私」

そう涙をこぼす 彼女

私の勝手の人生の為に
母に楽しみをと 動いたこのことが
園長先生の 
「あなたは十分しすぎるほど
親に感謝してるわよ(*^-^)ニコ」

だったのかもと思った。

「母と 今日は絵画教室に行くので
お先に失礼します!」

「母と 待ち合わせしてるんで
お先に失礼します!」

そういえば 園長先生には いやというほど
私 遅くまで 園長先生の手伝いをしてたことが
多いんで おかんとの予定の時には
“母”
って 連発してたもんなぁ~ 
(〃^∇^)o_彡☆あははははっ

私に出産経験なくても
いつも 心の中に おかん が 気がかりって
気持ちが ある。
素直に 
“ありがとう”“ごめんね”“おめでとう”
が 言える♪

親子でも いつどっちが先に逝くかなんて
わからないわけよ!

しかも 私何度も 棺おけに足突っ込んでる人ですから(爆)
感謝が出来る。

早く気づきすぎたかもしれないけど
まだまだ 足りないと思ってる。

つうか 先に泣かれちゃうからさ~(爆笑)
笑いに 変えるしか なくなっちゃうのよね
(T▽T)アハハ!

若くして気づいたことに
私は 嬉しく思う!
産んでくれた おかんにも感謝するし
いつも 最後の答えを自分で考えなさいと
私を良く見てくれてた 園長先生にも
感謝するぺこ <(_ _)>

もう 亡くなっちゃった園長先生だけど
私の頭の中で あの くすって 笑う顔が
脳裏に焼きついてるのよね(*^-^)ニコ

素敵な過去
これが 私を支えている部分もある

巡りあいの中で
出逢った以上 全ては縁の問題だけど
大切にしていけたら
そして 大切に思ってる人に

「明日があるさ~♪」

って 微笑むことが出来たら
それだけで いいと 思う今日この頃です(*´σー`)エヘヘ