FC2ブログ

 

昨日のディナーの後

 

町並みの紅葉してる木を見て

 

ふと 思いました

 

 

 

人はみな 寒くなると いっぱい いっぱい

 

服を着て 

 

暖かくなりたいと思う

 

 

 

でも 木は 肌かんぼうで

 

葉も全て 落としてしまい

 

裸一環になってしまう木もある

 

 

 

秋に別れを告げて ひらひらと

 

あっという間に 葉は散ってしまう

 

 

 

こんな生き方が 出来たら

 

素敵だな って 思いました

 

 

 

苦しむことも 無く

 

あら 終わった 

 

そう思えたら

 

 

 

後悔だけは せずに

 

静かに 幕を閉じる

 

派手じゃなくていい

 

そういう人生であれば 感無量だなって

 

 

 

これは 私が 秋に生まれたから

 

こう思うのでしょうか?

 

 

 

優しく微笑んで そばに居れれば

 

それ以上のことは 何もいらないんじゃないかって

 

 

 

 

人生どん底の時こそ

 

その人のパワーとか 力とか 漲ってるときだと

 

私は 思ってます

 

 

 

その時に その人の全てが 鮮明に現れるのでは

 

無いかって 思ってます

 

 

 

誰しも 感無量の最高潮の時は

 

外見だけで 見れば 輝いて見えるでしょうが

 

 

 

もがき苦しんでる時に 負けないという姿勢には

 

きっと 強さが あるんじゃないかと思うんです

 

 

 

それを 見つけることが出来たなら

 

強い絆は 嫌と言っても 築けるんじゃないかって

 

 

 

人って 幸せの価値観は みんな違う

 

それに 喜びも違う

 

どんな形でさえ 歩いてる自分に

 

たまには ご褒美をあげましょう

 

 

 

いつか ぱっと散る 命のある限り

 

                           知陽菜 

スポンサーサイト