上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤い靴

赤い靴って
凄い歌だよなと今日ひろと話になり
検索したら…。

赤い靴の女の子


名は、岩崎きみちゃん

明治35年7月15日、静岡県旧不二見村(現静岡市清水宮加三)で生まれました。きみちゃんは赤ちゃんの時、いろいろな事情で母「岩崎かよ」に連れられて北海道に渡ります。母かよは再婚相手、夫の鈴木志郎と開拓農場(現北海道、留寿都村)に入植し、当時の開拓地の想像を絶する厳しさから、やむなく3歳のきみちゃんを子供に恵まれないアメリカ人宣教師チャールス・ヒュエット夫妻の養女に出すことを決意します。かよと鈴木志郎は開拓農場で懸命に働きますが、静岡から呼んだかよの弟「辰蔵」を苛酷な労働の中で亡くし、また開拓小屋の火事など努力の甲斐なく失意のうちに札幌に引き上げます。その後、札幌の新聞社へ入社した鈴木志郎は、同じ頃この新聞社に勤めていた野口雨情(作詞家)と出逢います。雨情は生まれてすぐに亡くなった我が子のことを嘆き、その後、童謡「しゃぼん玉」の歌詞に想いを残した作詞家として世に名を残しています。同じ家族構成ということもあり、両家族が急速に親しくなったある日、かよは片時も忘れたことのないきみちゃんへの思いを雨情に打ち明けました。我が子を手放してしまった後悔、そして新しい両親のもとで幸せになってほしいという願いが交錯した母の心情に雨情は強く心を打たれたようです。そして母が子に寄せる愛情に感動した思いをそのまま詩に綴ったのが「赤い靴」です。かよは、死ぬまできみちゃんはヒュエット夫妻とアメリカに渡り、元気に暮らしていると信じていました。

が、しかし赤い靴の女の子は異人さんに
連れられて行かなかった!?赤い靴を履いた女の子



ヒュエット夫妻が任務を終え帰国しようとした時には、きみちゃんは不幸にも当時不治の病といわれた結核に冒されていました。身体の衰弱がひどく長い船旅が出来ないことから、メソジスト系の鳥居坂教会の孤児院に預けられることに。その後、鎖された薄暗い部屋の中できみちゃんは病魔と闘い続けました。高熱にうなされ、きっと母の名を呼んだこともあったでしょう。温かい母の胸にすがりたかったことでしょう。それもできぬまま一人寂しく9歳の生涯を閉じたのは明治 44年9月15日の夜でした。かよがきみちゃんの悲運を知ることなく、この世を去ったということはこの悲しい話のせめてもの救いであったと私には思えました。また、雨情が作詞の際にきみちゃんの消息を知っていたなら、名曲「赤い靴」が生まれることはなかったでしょう。

と ネットサーフィンしてたら見つけました。
これが事実なら
きみちゃんは とっても悲しい生涯だなぁ…。
なんだか なんだか なんだかね…。

ふと話になったんだけど
とっても とっても 胸が痛い…。
スポンサーサイト
今日は

まんまるセット(笑)

まんまるセット(笑)と豆腐の澄まし汁

昨日も たこ焼き作ったんですが(^□^;)
今日も またまた焼いてしまいました(爆)

そのままでも美味しい^^

しっかり出汁を取って作ってるので
何もつけなくても食べれます

携帯なんで写りが悪いけど(^□^;)

鉄板を1度出すと片すまでに
2度焼かないと気が済まないから(大爆笑)

好評なんですが毎回
時間はかかるし めんどくさいし 暑いし・・・。

かといって たこは夏が一番美味しいのは
わかってますから(^□^;)

また当分作らないだろうなぁ~(笑)








みんな応援してね♪


♪*゜¨゜*★*。。・♪*゜¨゜*★*。。・♪*゜¨゜*★*。。・♪

joint live
2008/6/1(日)A.A.company


A.A.company

p.m.5:30開場
p.m.6:00スタート
チャージは700円

Muバンド(p.m.18:00~)
ぱすた(p.m.19:00~)
アコースティックバンド(p.m.20:00~)
20080129222451
ひろのリクエストにつき(^-^)
全然慣れません(爆)
何がなんだかわからないから
誰のミスも したっぱの私のせいになる。

これは しょうがないことだけど

誰がやったか
わからないことも
ともかく私が
謝れば良いんだって

ふ~ん じゃあ明日から そうするよ

だけど一つだけ許せ無いことがある

今日帰り 鞄が無かった(爆)

店長は今月いっぱいで辞めるから
この店 虐めの的を作らないとやって行けない傾向なのか?

オバハン一人居るんだけど

二言目には

「みんな出来てることだから」

そう言われると
私には向いて無いの
裏返しじゃん

おしぼりどけて必死で探してるのに
それ見てても
何も言わないし
オバハンが おしぼり作業今日やってたから

やってる最中に下に落ちたかも知れないけど

それならそれで

「どうしたん?」

とか普通聞くよね?

これが意図的でなきゃ良いけど

ガラっと店の人の雰囲気が 変わってるのよ

私は何も変わって無いし やっぱり それって 可笑しい

腑に落ちないことだらけ

もう無理かも

この雰囲気に慣れない私が一番悪いけど
なんか ご飯も食べたく無いから こ~し~だけ飲んだ。

辛いけど負けたくないし
やっぱり私には無理なのかもなぁ~

慣れてる人だけにした方が私自身いない方が仕事捗るだろうし

足手まといになってるなら早く自分から去った方が良いのかもって思ってきた

情けない
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。